スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

肩こりマッサージ

肩こりマッサージは家庭でもできますが、注意点もあります。
コリを感じている部分だけをマッサージしないことと気持ちがいいといってやりすぎないことです。

こりを感じている部分だけを集中的にマッサージしたり、無理な力を加えすぎると、筋肉が傷ついたり炎症を起こしてしまうかもしれません。
マッサージは、ゆっくりと時間をかけて、コリの周辺部の広い範囲を行なうことが大切です。

また、病気が原因で肩こりになっている場合は、病気の治療を優先しましょう。
肩を痛めたことで発症する肩こりの場合は、患部が赤くなったり熱をもつこともあります。
そういった場合はマッサージを避けて、炎症がとれるのを待ちましょう。

2010年11月23日 | マッサージ動画研究
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。